基本事項




   

ページ内検索はctrl+F

公式サイト

Galaxy S7 edge SC-02H | 製品 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc02h/index.html

Galaxy S7 edge SC-02H | ドコモスマートフォン | Galaxy
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/docomo/SM-G935DZWADCM

基本事項

概要紹介ビデオ

 

 

スペック 

公式 Galaxy S7 edge SC-02H

商品名:Galaxy S7 edge (ギャラクシー エスセブン エッジ) SC-02H
モデル番号:SM-G935DZWADCM
発売日:2016年5月19日木曜日
OS:Android 6.0
CPU:Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz x2 + 1.6GHz x2 / Adreno 530 GPU(64ビットクアッドコア)(Snapdragon
サイズ:約151×73×7.7mm
重量:約 158g
連続通話時間:LTE 約 1260分/3G 約 1350分/GSM 約 860分
連続待受時間:LTE 約 420時間/3G 約 450時間/GSM 約 390時間

通信:
・FDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/ 1500(B21)/800(B19)/700(B28) MHz,
TD-LTE 2500(B41) MHz,
・W-CDMA 2100(I)/800(VI/XIX) MHz
技適通過情報(PM-0793-BV)
通信速度(LTE):受信最大375Mbps/送信最大50MbpsPREMIUM 4G対応)
通信速度(3G):受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps
WORLD WING(海外ローミング):○ (LTE○、3G○、3G850○、GSM○)
VoLTE対応:○ (VoLTE(HD+)にも対応!
GPS:○
無線LAN: a/b/g/n/ac ※MIMO対応(複数のアンテナを使うことで高速化)
無線LANルーター(テザリング)機能:○
Bluetooth: Bluetooth 4.2 (aptX対応。LDACは非対応)
Bluetoothテザリング:○

内蔵メモリ:4GB RAM(DDR4) / 32GB ROM(超高速メモリUFS2.0!、実測でSequentialRead 431MB/s、SequentialWrite 142MB/s 出ます)
 →RAM4GBのうち、予備領域として675MBが除外され、システムが利用可能なのは約3.2GB
 →ROM32GBのうち、内蔵ストレージとしてユーザーが利用可能なのは約22GB
外部メモリ:microSDXC 200GBまで公式対応
UHS-I対応:○

ディスプレイ:5.5インチ Quad HD(1440×2560)、SuperAMOLED(有機EL)
マルチタッチ:10点
飛散防止フィルム:なし

カメラ(撮像素子):裏面照射型CMOS/デュアルピクセル約1220万画素(SONY IMX260 または Samsung BRITECELL)、1/2.5インチ、ホームボタンの2度押しで約0.7秒で高速起動。従来機では、ピント合わせを行う位相差AFセンサーがピクセル全体の0.7%しかありませんでしたが、Galaxy S7 edgeでは、デュアルピクセル技術により100%に向上。すべてのピクセルでピント合わせを行う超高速オートフォーカスが可能。 ISO感度はマニュアルで最大ISO800、オートの場合は最大ISO2000。
※センサーは、サムスン製BRITECELLとSONY製IMX260の二種類が使われている。画質にほとんど違いは無いとされる。
カメラ(レンズ):絞り開放F1.7焦点距離は35mm版換算で26mm相当
独立シャッター専用ボタン:×
前面インカメラ:500万画素、フロントカメラのレンズもなんとF1.7
動画撮影:4K動画撮影対応
手ぶれ補正:○(なんと光学式手ぶれ補正!贅沢な作りですね。静止画、動画で光学式手ぶれ補正を利用可能。動画では電子式手ぶれ補正も利用可能。)

USB:micro USB(キャップレス防水
USBホスト:○
USB DAC:○
HDMI映像出力:×!なんとMHL非対応!
Miracast:○(映像出力はmiracastを利用しろということみたいです)

ヘッドホンジャック:3.5mm(キャップレス防水、ハイレゾ出力対応)※ハイレゾ対応のイヤホンが必要です
サラウンド:Adapt Soundなど。ハイレゾ出力に対応。

デジタルノイズキャンセリング機能:×
スピーカー:なんとモノスピーカー(ステレオスピーカーではない)
S-master:×

バッテリー容量:3600mAh
ユーザーが自分で電池交換:×
クレードル(卓上ホルダ):○(別売り、ドコモでの取り扱いは無し)
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi):(※上限約7Wでの充電。15Wでの充電ではないので注意。
急速充電:○
急速充電2(9V-12V高電圧急速充電、Quick Charge 2.0):○(「ACアダプタ05」を使用することで、電池残量15%の状態から充電を開始して60分で1800mAh以上充電可能)
Quick Charge 3.0:×

※「急速充電」とは、本体画面上で「充電してください」の表示が出たタイミングから充電を開始して60分で1200mAh以上充電でき、かつ「ACアダプタ 03」使用時と比較して125%以上の充電効率化が満たせる充電機能のことです。
※「急速充電2」とは、端末本体画面上で「充電してください」の表示が出たタイミングから画面点灯OFF状態にして充電を開始して60分で1800mAh以上充電でき、かつ「ACアダプタ 04」使用時と比較して125%以上の効率化が満たせる充電機能のことです。

SIM: nanoSIM
ワンセグ:○(録画○)
フルセグ:○(録画○)※フルセグの録画に対応
ワンセグアンテナ:イヤホンジャックに外付け(テレビアンテナケーブル SC03)
オサイフ:○
NFC:○
赤外線:×
FMトランスミッター:×
防水:○ IP65/68相当の防水・防塵性能、イヤホンジャックとUSB端子はキャップレス防水
防塵:○ IP6X
保護等級(防塵・防水)について

指紋認証センサー:(ホームボタン部に実装)

DLNA:○
DTCP-IP:○
ストラップホール:×

PS4リモートプレイ:?

簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ):○
節電機能:○

カラーバリエーション:Black Onyx、White Pearl、Pink Gold

同梱品:外付けテレビアンテナケーブル SC03、マイク付高音質イヤホン(試供品)

外観